債権管理とは一体どのような業務なのでしょうか。債権管理の手順をご紹介します。

HOME>オススメ情報>債権管理とは?どんな手順があるのか紹介します!

債権管理とは

債権管理は売掛金を管理する業務の事です。一言で債権管理と言いましても、たくさんの業務内容があります。

債権管理をするときの手順

取引先の信用を評価する

与信はビジネスの基本とも言えます。まずは、取引先と安心して取引が出来るのかを評価しましょう。

与信限度額を設定する

取引先の信用と支払い能力が問題なければ、与信限度額を設定しましょう。

売掛金と支払い期日を記帳する

売掛金を管理して、期日までに確実に代金を回収しましょう。

請求書を発行して送付する

支払い期日が近づいてきましたら、請求書を発行して送付しましょう。

支払いが遅延したら督促する

万が一支払い遅延が発生した場合には、速やかに督促などを行いましょう。

資産のチェック

PC操作

債権管理を行うことは企業によってとても大切なことです。どれくらいの資産があるのか、ということを把握できれば、借入金の相談なども行いやすいです。また利益に関する点も債務管理を行っておくことによって、把握することができます。専門的な知識を持っている人に管理をしてもらうことがベストですが、お金の流れをしっかりと行っておくことができれば、専門の知識を持っていなくてもよいでしょう。誰が見ても分かるようにしておくことが大切です。

金融機関の整理

PC操作

債権管理を行う際にどこの金融機関からどれくらいの借入があるのかなどもチェックしておくとよいでしょう。整理をしておくことによって、財務状況も把握することができ、より安心をして運営をすることができるようになります。経理関連の仕事をしている人であれば、分かることも多いので、担当者を決めておくのもよいでしょう。経営に関する部分になってくるので、書類も社外秘となることが多く、管理も厳重に行わなければいけません。

もしもの時に備える

男女

企業の経営が危うくなった際、債権管理を行っておくことができていれば、必要となる書類もすぐにチェックをすることができます。危ういのかどうかの判断も書類をしっかり作成をしておくことによって分かってきます。

広告募集中