テープ起こしを行っている業者はたくさんありますので、事前に口コミをチェックしましょう。

テープ起こしを依頼する

テープ起こしを行っている業者はたくさんありますので、何処に依頼をすれば良いのか、きちんと見極めましょう。

テープ起こしはどこに依頼するべきか

評判通りで助かりました

テープ起こしを依頼した時に、納期や出来が不安でしたが、評判通りよく仕上げてくれたので助かりました。

実績があったので安心でした

ホームページを見て、実績がしっかりと解りやすく載っていましたので、安心して依頼することが出来ました。

丁寧な対応で安心しました

テープ起こしは初めてだったので、不安があったのですが、解らないところは丁寧に教えてくれましたので助かりました。

コンプライアンスがきちんとしていました

テープ起こしする内容が外部に漏れたら不安でしたので、コンプライアンスがきちんとしているところで安心しました。

種類が豊富で選択肢がたくさんありました

テープ起こしにも色んな種類の依頼があることを知らなかったのですが、種類が豊富で説明もわかりやすかったです。

文字にすることの必要性

システム

講演会やインタビューなどを録音しておき、それを文字にする仕事をテープ起こしと言います。専門の技術を得ている人もいるので、依頼をするという方法もあります。副業のような形で請け負っているところもあるので、そのほうがスムーズに仕事をしてもらうことができる、ということもあります。今はパソコンで音声を自動的に文字にしてくれるソフトもありますが、認識が甘いということもあるので、誤字に関しては人の手でチェックをしなければいけません。間違いがないようにするためには、技術を取得している人に依頼をするというのがよいでしょう。オンラインでも発注をすることができるようになっているので、経費を抑えるためにも外注を利用するとよいでしょう。

ソフトの利用

PC操作

テープ起こしの仕事を依頼する際に専門のソフトを使うことがあります。そのまま音声データをメールで送信することもできるようになっているので、意外とスムーズに仕事のやりとりを行うこともできるようになっています。音声データを紛失することが内容にコピーをするなど管理も行いやすくなっているのが、最近の傾向です。話したことを文字にするというのは慣れによってスピードもアップさせることができるので、キャリアも重要です。

業者を仲介する

パソコン

編集社などでテープ起こしの仕事を外注することが多いです。副業として人気ということはありますが、複数の人に同じデータのテープ起こしを行ってもらい、その中で正確なデータなのかどうかを確認することも出来るようになっています。専門業者を仲介することによって、スムーズに原稿を受け取ることもできるので、早く仕事を進めたいということであれば、業者を利用したほうがよい、ということもあります。情報の漏えいも今は厳しいので不安もありません。

広告募集中